会社設立時の資本金の額について

会社設立とは会社の憲法とも言われている定款を定めて公証人役場での定款認証(株式会社設立の場合)、資本金の払い込みと通帳の記帳、払い込み証明書や登記書類の作成をした上で会社の本店の住所が管轄になっている法務局での会社登記と登録免許税の払い込み、会社の代表印の登録を行うまでの過程を会社設立と呼びます。

会社設立を代行してくれる会社とは

会社設立をする人の大半は初心者であり、色々な書類の作成や手続きなどが有り、書類の書き方や用紙を何処で貰えば良いのかなど調べながら進めて行く必要が有ります。

会社設立の意味合いについて

会社設立の意味合いとして、社長になって一国一城の主となり、自分の自由に仕事を動かしたい、お金を動かしたいということを挙げる人は多いでしょう。

事業承継のために必ず会社設立を

家業を継ぐ際に生きているうちに行う場合には個人事業主であったとしても特に問題はなく、段階を踏んでいけばトラブルもなく事業承継ができます。